スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


iPhoneでハイレゾ再生できるFiiO E07K その2

前回→iPhoneでハイレゾ再生できるFiiO E07K その1の続きです。

だいたいのことは前回書いてしまっていたので、今回はそれ以外の何かを…

IMG_5549.jpg
正面から見た箱はこんな感じ

IMG_5551.jpg
こう見ていると林檎社の製品の箱に似ている気がする。


IMG_5548.jpg
内容物
ポーチやらシリコンケースやら入っていて結構豪華
日本語ユーザーマニュアルは正規輸入品を買わないと入っていないらしいので注意
ポーチとかは使ってないけど、保護フィルムは速攻貼った(空気入った)


IMG_5556.jpg
iPhoneの方も一応USB-DACとして機器名がしっかりと表示されているので、なんか安心感がありますね。



と、ここの方で写真が尽きたので、文章のみに
とりあえず、本体の質感としては、裏面、横などはアルミで出来ていて、ヘアライン加工が高級感を出しているような気がする。ボタンもしっかりと押せて問題なし!
重さは予想より軽かったです。
表面は上部にディスプレイがついていて、ボリュームやらが一目で確認できます。もちろん電池の持ちに響くので、HOLDスイッチを入れると画面が消えて、ボタン操作も受け付けなくなるので、かばんの中での誤動作防止にも役立ちます。

音質について
詳しいことはなんかよくわかりませんが、iPhone直接よりは格段にいいですね!スッキリした気がします。
ハイレゾについてですが、普段聞かないオーケストラ(FFのバトルメドレー)なんて買ってみましたが、小さな音から大きな音までしっかりと聴き取れてCDより良いぞ!というのはわかりました。
今度はJ-Popとかの邦楽を購入して、どう違うのか聴いてみたいなと思ってます。
スポンサーサイト
 


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://happyluckymidohoge.blog57.fc2.com/tb.php/353-dd1342be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。