スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


Macのウイルス対策にDr.Web Light 無料!

Macのウイルス対策してますか?

Macだってウイルスは存在します。
Windowsと比べれば圧倒的に数は少ないですが、油断していれば感染してしまうでしょう。

そこで、ウイルス対策ソフトウェアに頼るわけですが、頼る前に出来ること(しなければならないくらいの勢いで)があります。それらを箇条書きしてみました。


・OSのバージョンは常に最新に!!(リンゴメニュー→ソフトウェアアップデートで確認)
・その他のソフトウェア(Chromeなどのブラウザ、Office、Flash、Javaなどなど)のバージョンも最新に
・よくわからないファイル、ウェブページは開かない!ダウンロードしない!
・Safariの設定からダウンロード後安全なファイルを開くをOFF、詐欺Webサイトを訪問したとき警告をON
・Finder設定で、ファイルの拡張子を表示
・システム環境設定→セキュリティとプライバシー→ファイアウォールからファイアウォールを入にする


これくらいやっておくと安全性はグンとアップするはずです。
しかし、それでも不安なときには今回紹介する、Dr.Web Lightを使ってみましょー!

Mac App Storeで無料でダウンロード出来ます!
Dr.Web Light


スクリーンショット 2012-04-18 18.48.37
起動するとウイルス定義ファイルをアップデートします。
初回起動時は3分程度かかりました。


スクリーンショット 2012-04-18 19.21.48
とりあえずMac内を簡単にスキャンしたい時は高速検査をクリックします。

スクリーンショット 2012-04-18 19.24.02
スキャン時はCPU使用率が上がり多少処理が重くなりますが、5分程度で終わりました。(自分の環境では)


スクリーンショット 2012-04-18 19.24.22
スキップという項目がありますが、これはファイルの読み取りに管理者権限が必要だったりするもので、時に気にしなくても良さそうです。

もし、ウイルスなどが検出された場合、脅威タブの中の隔離領域に入れられます。
ファイルが復元可能な場合は復元を行うことも出来ますし、削除してしまうことも可能です。




スクリーンショット 2012-04-18 19.30.20
完全検査という項目は、Mac内のファイルを全てスキャンするものです。
時間がかかるはずなので(自分はやってない)時間があるときに行うのが良いと思います。
また、ファイルをドラッグしますという四角の中にファイルやフォルダをドラッグアンドドロップすると、そのファイルまたはフォルダがスキャンされます。


スクリーンショット 2012-04-18 19.30.26
また、四角の中をクリックすると、このような画面になります。
スキャンしたいフォルダに✓マークを入れ、スキャンを押すことでスキャンできます。
プラスボタンでフォルダをリストに追加、マイナスボタンでリストから削除が可能です。



とこんな感じに紹介しました!
このソフトは常駐するタイプではないので、即時性はないですが、ダウンロードしたファイルをスキャンしたり、友達などからUSBメモリでもらったデータなどをスキャンするなどの使い方でかなり安全性はアップすると思います。

大丈夫だと思っていても一回高速検査してみるのをおすすめします!
スポンサーサイト
 


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://happyluckymidohoge.blog57.fc2.com/tb.php/317-5f40506f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。