スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

MacBook Pro Retina 13inch (Late 2013)がやってきた!

こんにちは!

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの13インチ版が来ちゃいました!

いえーい!

やっぱりもうそろそろマイノートPCが必要だよねということで


MBPrkaifuu_01.jpg
箱はこんな感じ
薄さを強調するのは林檎社の得意技


MBPrkaifuu_02.jpg
横のリンゴマークがイカす!


MBPrkaifuu_06.jpg
開けるとすぐに本体が見えるのも林檎の得意技
最低限のビニールゴミ以外ゴミが出ないのはとても良い


MBPrkaifuu_07.jpg
付属品も至ってシンプル
ACアダプタと延長コード、説明書類のみ
国内メーカー製のWindowsPCなんかだとついてくるマウスもなし
トラックパッド使えってことなんでしょうけど、マウス使いたい派なので別途購入しました。


MBPrkaifuu_08.jpg
Hello.が嬉しい


MBPrkaifuu_09.jpg
いつものりんごシールに加え、画面クリーナー(左側の黒い奴)がついてるのが嬉しさある。
iMac(Mid 2010)に付属していたのもを今でも愛用してるくらいものも良い


と、開封はこんな感じで終了
ちなみに購入したモデルは竹(SSD:256GB、メモリ:8GB、Core i5)です。

この記事を書いている今はすでにiMacさんからのお引越しは終了しています。
Time MachineをそのままSSDに入れると容量不足になるので、今回はまるまんまコピーではなく、新規セットアップからの必要なデータのみをコピーするようにしました。
iMacさんの新規インストールでデータのお引っ越し作業には既に慣れているので、今回も特に問題なく引っ越し完了です。


使っての感想ですが、とりあえずRetinaディスプレイ綺麗過ぎ!!ってことですかね。
粗い液晶画面によくあるざらつき、ギラツキ感が一切無いので、長時間見てても疲れないですね(良い子は目はしっかり休ませよう)
メモリが意外と足りない感があるので、最低でもやはり8GBは必要で、メモリ喰いなソフトウェアとかVMとか使う人は16GBあったほうがいいかもしれませんね。Retinaな分メモリもより消費するのかな…?
Macのノートは初めてなのでわかりませんが、電池持ちがかなり良く感じられます。
家にあるWindowsノートとは大違いな感じ
ちょっとしたお出かけならACアダプタいらないですね。

ちなみにちなみにマウスはこれをチョイス

iBUFFALO Bluetooth 3.0対応 BlueLEDマウス 5ボタンタイプ ブラック BSMBB16BKiBUFFALO Bluetooth 3.0対応 BlueLEDマウス 5ボタンタイプ ブラック BSMBB16BK
(2013/11/30)
バッファロー

商品詳細を見る

色は青のやつ
Bluetoothのマウスって意外と種類がなくて選べないですよね。
USBタイプだと、USBポートが2つしかないこのモデルには若干厳しい
サイドボタンはそのままだとよくわからない動きをするので、ステアーマウスというソフトでいじりました。



と、書くこともなくなってきたので、適当に写真を貼って終わりにしようと思います。

MBPrkaifuu_17.jpg
暗いところだとキーボードが光る。


MBPrkaifuu_19.jpg
若干ピンぼけ
かなり薄いよね


MBPrkaifuu_18.jpg
Retinaディスプレイの綺麗さは自分の目で確かめないとわからない。 
スポンサーサイト

OS X Mountain Lion 10.8を再インストール その2

こんにちは!みどほげです。

今回は、再インストールの手順を軽く(他のサイトやブログ等にとっても細かく解説が載っているのでw)紹介したいと思います。


IMG_3023.jpg
前回の記事で紹介した東芝製ポータブルHDD 750GB

こちらのHDDに主要なデータは移動してあります。
また、再インストールが万が一失敗したときのためにTime Machineは残してあります。


今回の環境を一応紹介
iMac 21.5inch (Mid-2010)
OS X 10.8 Mountain Lion

からの再インストールです。
今回はインストールディスクを作成するのがめんどくさいので、こちらの方法で

1.Macが電源OFFの状態からcommandキーとRキーを同時押しで起動

2.するとこのような画面に
IMG_3025.jpg
復旧-10.8を矢印キーで選択してEnter!

3.OS Xユーティリティが起動します。
IMG_3026.jpg
この中から一番下のディスクユーティリティを選択して起動!

4.Macintosh HDをフォーマット(全消去)
データは全部消えてまっさらな状態になりますよ!

IMG_3027.jpg
フォーマットしても447.3MB使用している状態になってるけど気にしない

フォーマットが終わったらcommand+Qか左上のメニューからディスクユーティリティを終了
すると先ほどの画面に戻るはず。


5.OS XユーティリティからOS Xを再インストールを選択
今回はクリーンな状態で行きたいので!

IMG_3028.jpg
アップグレードしたときと同じような画面になります。


IMG_3029.jpg
進めるとこのような画面になり、追加のデータをダウンロードし始めます。
安定した回線が欲しいですね!
うちのADSL回線では1時間以上かかりました(´・ω・`)


IMG_0148.jpg
みどほげは、トラブルが発生してここで進まなくなってしまったw
一度キャンセルして、再度やり直しました。
二倍ダウンロードしたねw


6.ダウンロードが完了すると次はインストール

IMG_3030.jpg
アップグレードしたときに一度見ているので戸惑いはなし!
魔の残り1分がありますから、辛抱して待ちましょう!


7.インストールが終わったら設定だ!

IMG_3031.jpg
ようこそ!


IMG_3032.jpg
iOSみたいな位置情報サービスの設定画面!
GPSは搭載されていないのでインターネットで得られるおおよその位置です。
いやな人はOFFで
みどほげは気にしないのでONのまま進む


IMG_3033.jpg
Apple IDも入力してね!
iCloudと別々のIDを使っている人はみたいなのもちゃんとありますね!
めんどくさい人はスキップもできます。

このあとのホームフォルダの名前になる設定はしっかりとしてくださいね!
ホームフォルダの名前は一度設定しちゃうと変更できないですよ!


IMG_3034.jpg
設定完了!
iMacちゃんだからちゃんと絵もiMacになってますね!細かい!
でもでもiOSそっくりですねw


8.新世界へ
ここからは、個人個人で設定方法が違うと思います。
みどほげはとりあえずマウスの挙動を設定しましたw

IMG_3035.jpg
iLifeは無いからディスクから入れ直し

その他OfficeとかATOKはdmgファイルからと、ほんとにディスクレスです。
iLifeだってDL版があるから、ほんとにCD、DVDは使わないですねw
インターネットってすげーなぁ…

iTunesの移行は過去のWin→Macの記事を参考に…
WindowsからMacへ:iTunesお引越し編1
WindowsからMacへ:iTunesお引越し編2 

OS X Mountain Lion 10.8を再インストール その1

こんにちは!みどほげです。

東芝製の外付けHDDを購入したため、再インストールの準備が整いました!

とりあえず、データの移行をする前に、ATOK 2011ライセンスの解除、Office 2011のアンインストールなどを済ませました。

データの移行は基本的に手動で、ドラッグアンドドロップで
とりあえず使わなさそうなファイルもすべてコピーしました。

で、今はそのデータの移動中で、暇時間を潰すためにiPhoneでブログをw

その後は、iTunesの機器登録解除、iOSデバイスのバックアップデータのバックアップを行う予定です。

とりあえず、メモというか報告でした! 

OS X 10.8 MountainLionインストールしました!

こんにちは!みどほげです。

夏休みに入りました!
特に予定はないけどねw

では、

ついに、発売開始した新OSのMountainLionです。
早速、インストールしてみました!

とりあえず、ATOK 2011はやや問題はあるが通常使用は大丈夫で、Office 2011は問題なしとのことであったので、その他のソフトウェアの互換性は特に気にすることなくインストールしましたw
(Officeは夏休み課題とかレポートに使うからね)


IMG_3009.jpg
とりあえず残りクレジットがなかったためiTunesカード3000円分を通学途中のローソンで購入!



意気込みを語った動画

IMG_3010.jpg
久しぶりに買ったらなんか変わってますね
めくるタイプなどと言っていますが、削るタイプでしたw
ただ、前のタイプよりも削りやすく、爪でも簡単に削れます。


IMG_3011.jpg
ドキドキする一瞬
1700円と安い

IMG_3012.jpg
4.34GBとの表示
ダウンロードした後情報を見てみると、 もう少し容量が大きかった。
ダウンロードは安定した回線で時間に余裕を持って行いたいですね。

IMG_3014.jpg
ダウンロードが完了すると表示されます。
今すぐに行いたくない場合はDockに表示されてるアイコンを右クリック→終了で終了させることができます。
行いたくなったら、アプリケーションフォルダからインストーラを起動するとこの画面になります。


IMG_3015.jpg
進めていくと、再起動しこの画面に
画面のバックライト輝度がマックスになっていてまぶしい
魔の1分(残り約1分がかなり長い)があるので、焦らずじっくり待ちます。


終了するとついにMountainLionの登場です!
あとは、自由にふらいあうぇい!!
といっても基本的にそのまま(データとか、アイコンの配置とか)ですので、特に困ることはないかと


みどほげさんは、クリーンインストール(再インストール)を予定しています。
10.6 Snow Leopard時代からそのままアップグレードしてきていて、不要なシステムファイルやらが溜まっているはず。
微妙に不調でもあるのでこの夏休みの暇つぶしにと思っております。
ただ、必要なデータをよけておくHDDを購入しないと始まらない!
Amazonで選んでます! 

Perfumeのスクリーンセーバーをインストールしてみました!

こんにちは!midohogeです。

今回はPerfumeのスクリーンセーバーをインストールしてみました。
友達におすすめされてはじめて知りました。

いままでは国語辞書がさーっと流れてくるMacに元々入っているものを使用していました。
まあ、これがまた地味なもので…


ダウンロードはこちらから

Perfume official global website
こちらのダウンロードというところからダウンロード出来ます。

Windows版、Mac版のどちらもあります。
一応Mac版の要求スペックは
OS : Mac OS X 10.3.9以上
CPU : Core 2 Duo 1.8GHz以上
RAM(メインメモリ) : 512MB以上
Adobe Flash Player 10.0.0以上がインストールされてないといけないみたいです。
となっています。

インストール方法
・zipファイルがダウンロードされるので解凍

・解凍したら下のようなアプリケーションファイルが出てくるので実行
Perfume.app

・インストーラが起動するので手順に従い次へを押す
Perfume スクリーンセーバー インストーラー

・システム環境設定のデスクトップとスクリーンセーバーから選択
スクリーンショット 2012-05-20 17.12.11
スクリーンセーバーをランダムに使用にチェックを入れると他のスクリーンセーバーが起動する可能性があるので、Perfumeスクリーンセーバーのみを起動させたい場合はチェックを外す。


これで設定は完了です。
インストールが終わったらアプリケーションファイルは削除しても大丈夫です。

これでスクリーンセーバーを見るのが楽しくなりますね!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。