スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

WiMAX Aterm WM3800Rを買ったぞ!

こんにちは!みどほげです。

新生活を始めてから、インターネットへの接続はiPhone 5だけでした。
今のiPhoneにはテザリング機能があり、Macなどにも接続できますが、キャリアの制限で7GB以上通信してしまうと、速度制限がかかってしまうということが問題でした。

もちろん、その容量内に抑えればこれでも問題はないのですが、みどほげさんはFlickrにオリジナルサイズの写真をアップロードしたり、YouTubeにアップロード、視聴などなど絶対に収まらない自信がありました。


安定度的にも、速度的にも固定回線が一番良いのですが、今回はいろいろ事情があってWiMAXというものを選択してみました。
WiMAXも外を飛んでいるケータイ電波のようなものを受信して、Wi-Fiとして飛ばすのですが、携帯回線とは違って容量制限がありません。
これはうれしい。
それでいて値段が3696円+税というそこそこ安価で、外出先でも使えるというのが嬉しいですね。
MVNOを利用すれば更に安い値段でも契約が可能みたいですが、今回私は本家のUQ WiMAXで契約しました。


で、WiMAXルーターはこれにしちゃいました。

140410WM3800R13.jpg
NECのAterm WM3800Rです!
安心のNEC製をチョイス
端末価格も実質1円だったので嬉しいですね。


140410WM3800R08.jpg
大きさをiPhoneと比べるとこんな感じ
結構コンパクトで重さも軽いです。


まだ、使い始めたばっかりなのでバッテリーの持ちがどうとかはわかりませんが、しっかりと電波も受信・送信されているので、今のところは問題ありません。
なんといってもピンクがかわいらしいよね!


以上、駆け足でしたがレビューはおしまい
最後に自宅での回線速度でも貼っておきたいなと思います。
あくまでも参考にどうぞ


うーむ。夜の混む時間帯だと、スピードが落ちますね。
 
スポンサーサイト

激安プリンター HP ENVY4500を買った!

久しぶりです!

実はみどほげさん、新生活を始めて、田舎旭川から大都会東京へ引っ越してきたわけです。
いろいろ準備とかあって更新できなかったのですが、今日は久しぶりの更新です。


で、今回は急遽プリンターが必要になったため、購入したわけです。
プリンターとかいらんだろと思っていたんですが、意外と必要な場面もありますね。

今回購入するに当たって必要な機能は、
・スキャンできる
・そこそこコンパクト
・できれば無線LAN機能
・なるべく安く
ってところでした。

こういうニーズにはhpは強いですね。
この条件にぴったりなプリンターがありました。
HPのENVY4500というエントリー向けのプリンターです。
価格が、ヨドバシで5120円(消費税8%込)+ポイント10%とめちゃ安い。
なのに機能が、無線LAN、スキャナ、と多機能です。
他のメーカーのエントリー向けの製品にはないですよね。


では適当に写真を…
ENVY4500_kaifu01.jpg
箱はこんなかんじでそこそこおしゃれ



ENVY4500_kaifu02.jpg
実際に置いてみる。
大体想像通りの大きさで良かった。


ここで、適当に使ってみた感想を(まだちょっとした文書を数枚しか印刷してませんが…)
前、家で使っていたEPSONのPM-A840との比較になりますが…

大きさはPM-A840と比べると高さが低くコンパクトです。
紙も前側給紙なので、後ろのスペースがいらず(ACとUSBケーブル指すとこは後ろにありますよ)、高さも抑えられるのでそこはいいなと感じました。
ただ、今のプリンターは結構コンパクトなものが多いので、まあこんなもんかなとも思います。

印刷品質は、そこそこかなという感じ
写真をメインに印刷する方にはあまり向いていないですが、書類メインの方にはいいかも
更に写真メインの方におすすめしない理由として、インクが黒と3色一体カラーインクの2つで構成されており、カラーインクのどれか一色がなくなった場合でも、交換しなければなりません。
逆に書類メインの方は、黒インクのみでも印刷が可能なので、カラーインクが無くなっても印刷できるのはいいなと思いました。
この機種は、印刷はしたいけどそこまで使用頻度が高くないっていう方向けだと感じましたね。
カラープリントとか写真印刷をたくさんしたい人は、HP Photosmart5521っていうやつが8000円以下で売ってたので、安いのだとこれがいいかなと思います。(4色独立インクだし、メモリカードスロットあるみたいだし)

ENVY4500_kaifu03.jpg
一応、白黒モニターがついてます。
プリンターのみでもそこそこ設定ができるっぽい?


無線LAN機能ですが、まだ使ってないのでわかりませんが、パソコンからだけでなくiPhoneとかiPadからAirPrintという機能で印刷もできるそう。
AirPrintやってみたかったんだよねー
まだ家に無線LANルーターがないので、それをゲットしたら試してみたいですね。
一応無線LANルーターがなくても、ワイヤレスダイレクトという機能で無線印刷が可能なようです。


と、適当にレビューを書いてきましたが、安いのに多機能で驚いています。
プリンターは消耗品なので、高価な機種を買っても数年でダメになっちゃうんですよね。
写真の印刷とかは、しまうまプリントとかのほうが逆に安くてハイクオリティな気がするので、こういう安価な機種を2年おきくらいに買い換えるのも賢い買い方かなとも感じます。

この機種を使い続けていって特に不満がなければ、次回も安価なhp製でもいいかなと思ったり。
以上HP ENVY4500のレビューとかでした! 

MacBook Pro Retina 13inch (Late 2013)がやってきた!

こんにちは!

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの13インチ版が来ちゃいました!

いえーい!

やっぱりもうそろそろマイノートPCが必要だよねということで


MBPrkaifuu_01.jpg
箱はこんな感じ
薄さを強調するのは林檎社の得意技


MBPrkaifuu_02.jpg
横のリンゴマークがイカす!


MBPrkaifuu_06.jpg
開けるとすぐに本体が見えるのも林檎の得意技
最低限のビニールゴミ以外ゴミが出ないのはとても良い


MBPrkaifuu_07.jpg
付属品も至ってシンプル
ACアダプタと延長コード、説明書類のみ
国内メーカー製のWindowsPCなんかだとついてくるマウスもなし
トラックパッド使えってことなんでしょうけど、マウス使いたい派なので別途購入しました。


MBPrkaifuu_08.jpg
Hello.が嬉しい


MBPrkaifuu_09.jpg
いつものりんごシールに加え、画面クリーナー(左側の黒い奴)がついてるのが嬉しさある。
iMac(Mid 2010)に付属していたのもを今でも愛用してるくらいものも良い


と、開封はこんな感じで終了
ちなみに購入したモデルは竹(SSD:256GB、メモリ:8GB、Core i5)です。

この記事を書いている今はすでにiMacさんからのお引越しは終了しています。
Time MachineをそのままSSDに入れると容量不足になるので、今回はまるまんまコピーではなく、新規セットアップからの必要なデータのみをコピーするようにしました。
iMacさんの新規インストールでデータのお引っ越し作業には既に慣れているので、今回も特に問題なく引っ越し完了です。


使っての感想ですが、とりあえずRetinaディスプレイ綺麗過ぎ!!ってことですかね。
粗い液晶画面によくあるざらつき、ギラツキ感が一切無いので、長時間見てても疲れないですね(良い子は目はしっかり休ませよう)
メモリが意外と足りない感があるので、最低でもやはり8GBは必要で、メモリ喰いなソフトウェアとかVMとか使う人は16GBあったほうがいいかもしれませんね。Retinaな分メモリもより消費するのかな…?
Macのノートは初めてなのでわかりませんが、電池持ちがかなり良く感じられます。
家にあるWindowsノートとは大違いな感じ
ちょっとしたお出かけならACアダプタいらないですね。

ちなみにちなみにマウスはこれをチョイス

iBUFFALO Bluetooth 3.0対応 BlueLEDマウス 5ボタンタイプ ブラック BSMBB16BKiBUFFALO Bluetooth 3.0対応 BlueLEDマウス 5ボタンタイプ ブラック BSMBB16BK
(2013/11/30)
バッファロー

商品詳細を見る

色は青のやつ
Bluetoothのマウスって意外と種類がなくて選べないですよね。
USBタイプだと、USBポートが2つしかないこのモデルには若干厳しい
サイドボタンはそのままだとよくわからない動きをするので、ステアーマウスというソフトでいじりました。



と、書くこともなくなってきたので、適当に写真を貼って終わりにしようと思います。

MBPrkaifuu_17.jpg
暗いところだとキーボードが光る。


MBPrkaifuu_19.jpg
若干ピンぼけ
かなり薄いよね


MBPrkaifuu_18.jpg
Retinaディスプレイの綺麗さは自分の目で確かめないとわからない。 

500円フォトブックTOLOTが届いた!

こんにちは!

前回の続きです。
500円フォトブックTOLOTを注文してみた!

前回、届くのを待っていたところで終わりましたが、それが届いたので、印刷がどうとかを軽く書いてみようかなと思います。
注文から8日で来ました。
のんびり待つのが良さそう。


20140227_TOLOTtodoku_0001.jpg
こんなふうなTOLOTオリジナルの緑のダンボール製封筒で届きます。
派手な緑なので、見逃すことはまずなさそう。
また、ダンボール製ということで、中のフォトブックがボロボロになる心配もなさそうです。
この写真は、楽しみすぎてさっさと開けてしまった後に、写真取るの忘れた!ってことで慌てて撮った写真ですw


20140227_TOLOTtodoku_0002.jpg
配送の方にも優しい気配り(見ているかは知らないがw)


20140227_TOLOTtodoku_0003.jpg
中に入っていたのは、フォトブック本体とカレンダーもあるよというお知らせとTOLOTを使ってくれてありがとう的な紙


20140227_TOLOTtodoku_0004.jpg
カレンダーもあるよ的なお知らせの紙の裏はカレンダーの見本になっていて、実際のクオリティがわかりやすい。
この見本で自分もカレンダーが作りたくなってきた。


20140227_TOLOTtodoku_0009.jpg
肝心のフォトブック
表紙はこんな感じ
ビニールがかけられてる細かい気配り
ビニールを剥がしても表紙はつるつるした感じです。


20140227_TOLOTtodoku_0005.jpg
フェラーリのページ
文字ページが意外とオシャレ感を生み出している。
もっと文字ページ増やせばよかったかなぁ…


20140227_TOLOTtodoku_0008.jpg
大きさは本当に文庫本と同じサイズ
厚さの写真を撮りそこねましたが、そこまで暑くないです。
鞄の中に入れて持ち運ぶのには最適な感じです。


20140227_TOLOTtodoku_0006.jpg
印刷クオリティですが、雑誌の印刷に近い感じ
写真屋さんに頼むL版のプリントを想像すれば悲しくなるかもしれませんが、自費出版した自分の写真本だと思えば嬉しくなります。
紙も写真屋さんのそれとは違いますが、しっかりとした紙で耐久性はかなり高そう。
印刷クオリティはいいのですが、アップロード時に写真が圧縮されるみたいで、その圧縮ノイズが目立つ感じがします。
高解像度でアップロードできるようになればいいですね!


20140227_TOLOTtodoku_0007.jpg
グラデーションは少し弱いかな?
今回ほとんど全ての写真に自動補正をかけましたが、正解だったようです。
使ってるカメラにも依るかもしれませんが、NEX-5Rはオートで撮影すると若干露出がアンダーな感じがするので、補正で明るさと鮮やかさを上げるといいかもしれませんね。
ナチュラル風に仕上げるなら明るさを若干上げるだけでいいかもしれないですが、パッと見た時の鮮やかさも欲しいならそれも編集で上げるといいですね。



と、ここまでばばーっと書いてきましたが、総評は「とても満足」です。
500円(クーポン使って250円)でここまで出来るのか!と感動しています。
てかフォトブック以外の細かい気配りが嬉しい
フォトブックのクオリティも500円でこれならかなり満足
もちろん高級なウン千円もするものと比べてはいけないと思いますw
というか、高級フォトブックとこれは使い分けるのがいいですね。
大事な一生保存しておきたいものはしっかりとしたものを、TOLOTは気軽に撮った写真をフォトブックにする的な感じですかね。
安いので何冊も作って本棚に並べたい感じがしますw
TOLOTのホームページにはいろんな工夫の仕方も載ってるので、いろいろ試して作ってみるのも良さそう。

印刷もパパっと印刷しちゃうくらいなら家のインクジェットプリンタでも可能ですが、製本するのは不可能なので、自分の写真が本になるってのは嬉しい。
写真を撮ってSNSにアップして終わりというだけではなく、こういう楽しみ方もあるよってのがなんとなく伝わったらいいかなと思います。


TOLOTは個人的にかなり満足なので、これからも作っていこうかなと思います。


 

500円フォトブックTOLOTを注文してみた!

こんにちは!

先日行った札幌モーターショーで撮った写真があるのですが、いつもどおりWebアルバム(iCloud、Flickrとか)にアップロードして楽しんだんですが、何か物足りない感もありました。
写真をデジタルで保存する目的としてはWebアルバムはすごい有効ですが、ディスプレイで写真を見るというのは少し物足りない感じでもありました。

そこで、写真を楽しむ目的として、フォトブックを作製してみることにしました。
L版でプリントでもいいんですが、なんかばらばらになりそう(自分の管理が悪いだけw)な感じがしたので、今流行りのフォトブックにしてみました。

フォトブックと言ってもピンキリで、調べてみると結婚式の写真でも使えそうな高級本格派なものから、手軽で安いものまでありました。
今回は、手軽で簡単そうなのから選んでみることにしました。

候補には、しまうまプリントのフォトブック、一時期話題になったnohana、500円フォトブックのTOLOTなどなどです。

フォトブックなど、ネットで写真をアルバムにするなら、『しまうまプリント』におまかせ!

ノハナ(nohana) - 毎月1冊無料フォトブック

500円フォトブック・フォトアルバムのTOLOT


今回は、一番手軽で、PCからも作れるTOLOTで作ってみることにしました。
TOLOTは支払いがクレジットカード以外にもWebMoneyなどに対応しているのがうれしい。
文庫サイズ、64ページで500円は激安!嬉しい価格設定です。
安くするためなので、このサイズとページ数しか選べませんが、ページが余ってもメモ帳みたいにもできるようなのでもったいない感が一切なし!



適当に自分なりの作り方を書いてみます。

1.写真のチョイス
今回使用する札幌モーターショーで撮った写真は300枚以上あるので、iPhotoである程度厳選する。
TOLOTは写真が最大62枚載せれるので、それを目安に厳選。

2.写真の編集
今回は初めてで、まだ仕上がりも見ていないのでなんとも言えませんが、個人のレビューで写真が若干暗くなる(プリンタとかで印刷しても暗くなるよね)とあったので、iPhotoで自動補正をかけてみました。
これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、TOLOTに写真編集機能は一切ないので、編集する場合は事前に済ましておく必要があります。

3.TOLOTアプリインストール
今回はiMacで作製するので、TOLOTのHPでダウンロード可能
Adobe AirなのでWindowsでもMacでも使えます。
iPhone、Androidアプリもあるので、携帯写真でも簡単に作れそうです。


4.会員登録
メールアドレスとか入力して登録
Facebookでも登録できるみたい。
今登録すると1冊半額クーポンが貰える。

ここからはPC版目線で書きます。
5.使う写真をソフトに読み込ませる。
ドラッグ・アンド・ドロップで追加なので簡単。

6.フォトブック作成
20140219_TOLOT_0001.png
すごくシンプルです。
1ページに写真1枚か、文字かだけ
TOLOT公式のアイテムとかもありますが、写真を凝った配置にとかはできません。
ここが潔くて良い。
写真も最大62枚貼れるので、ギュウギュウ詰めにする必要が無いもんね。
写真の順番なんかもめんどくさい人は写真の自動配置がおすすめ
表紙の題名とかもここで入力
最後のページにちょっとしたメモみたいな感じで書けるのがうれしいポイントかな
確定しても、プレビューで確認してね的な画面が出るので、ちゃんと確認してから注文できるのはいいかも。

7.届ける住所とか支払情報とか入力
ぽちぽち入力します。
入力してる間に写真のアップロードとかされるので、打ち終わったらアップロードが完了している状態。
待ち時間を感じさせないのがgood!

8.注文確定
最低でも5日かかります。
今回は会員登録で貰ったクーポンを使ったので、250円!安い!!!
届くまで、ゆっくり待とうね。(イマココ!)


まあ、こんなふうに作り方なんて書きましたが、ホームページにはそれぞれのアプリでの詳しい作成方法が書いてあります。
すごく親切でいいね。
ホームページを見てるだけでもなんか楽しいです。

最後に友達紹介コードがあるので貼っておきます。

紹介を受けた方が、紹介コードを入力した上で新規に会員登録して注文を完了したら、紹介者と紹介を受けたお友達にTOLOTの1冊分のサービス利用料金が50%オフになるクーポンをプレゼントいたします。


とのことです。
詳しいページはここ
今なら、利用料金50%オフクーポン(1冊分)をもれなくプレゼント!新規会員登録キャンペーン | TOLOT
これがコード
紹介コード:U9HME(会員登録時に入力)
使ってみようと思ってる方はぜひともコードを使ってみてね。


とりあえず今日は注文しただけなんですが、届いたらまた書きたいとおもいます。
じゃねーー 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。